ゴルフクラブの〝 顔“って一体どこのこと?

ゴルフショップなどに行かれると、

 

「 このクラブいい顔してるね~ 」

 

「 ボールがつかまりそうな顔だね~ 」などとお話しされている方いらっしゃいますよね。

 

皆さんは何をお話しされているのかご存知だと思いますが、

 

ビギナーの方は「 顔ってなに? 」という素朴な疑問?を持たれている方もいらっしゃるそうなので

 

今回は、「クラブの顔」とクラブヘッドの名称について書いてみました。

 

今更・・・という方が大多数とは思いますがお付き合い下さい。

 

 

顔=クラウン側から見たクラブヘッドのこと

 

「顔」とはクラブを構えたときのヘッドの見た目のことです。

 

詳しく言えば、クラウン側から見たフェース面まで含めたヘッド全体の印象のことを「顔」と言います。

 

ちなみに、クラウンとは、ヘッドの上部のことを言います。

 

 

ここでチョット!クラブヘッドの部分名称について

フェースの先端側を「 トゥ 」 と呼び、フェースのシャフト側を 「 ヒール 」 と呼びます。

「今のはトゥに当たった!」とか「ヒールだから飛んでないよ」などという場合、それぞれ「先っぽに当たった」「手前に当たった」とほぼ同義になります。

また、ゴルフクラブのヘッド部分とシャフトを接合するパーツを「 ネック(ホーゼル)」 と呼びます。

 

 

丸顔と洋ナシ顔

左が丸顔で右が洋ナシ顔。

 

丸顔はクラウン後方のヒール側が丸まっていますよね。

その形状ゆえにフェースが返りやすく、つかまりがいいので、スライスでお困りの方にはこちらがおススメの顔です。

 

洋ナシ顔はトウ側にボリュームがあります。

それによりフェースが返り過ぎない特性があるので、叩いても左に行かない安心感があるんですよ。

ですので、上級者の方はこの形状を好む人が多いんです。

 

特にビギナーの方は、最初「どんな顔がいいか」と言われてもわからなくて当然だと思います。

 

「 いい顔 」というのは、人それぞれ好みがあるので何ともいえませんが・・・。

 

いろいろなクラブを見て、そして実際に打ってみて、だんだんと自分の好みがわかて、自分なりの「いい顔」の基準ができていきます。

 

そうしてくると、徐々にクラブ選びがどんどん楽しくなってきて、ゴルフ自体もさらに深く楽しめるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ