SDGs

持続可能性のある社会のために

弊社の取り組みをご紹介します。

  • 1

    貧困をなくそう

    あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

    1. 貧困をなくそう

    世界だけではなく日本にも貧困な子供たちはたくさんいます。私たちはそんな子供たちのためにキャディバッグの売上の一部を子ども食堂に寄付をしています。少しでも多くの子供たちが笑って元気に過ごせる未来作りを目指しております。

  • 3

    すべての人に健康と福祉を

    あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

    3. すべての人に健康と福祉を

    毎朝ラジオ体操の実施、社内敷地内禁煙、毎月1回ゴルフ練習会、ランチタイムもヘルシー弁当で健康的な食事を心がけ、体の健康はもちろん心の健康ケアもしております。

  • 5

    ジェンダー平等を実現しよう

    ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

    5. ジェンダー平等を実現しよう

    男女平等を実現して、女性の能力を伸ばし、可能性を広げ、夢を追いかける。

  • 8

    働きがいも経済成長も

    すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

    8. 働きがいも経済成長も

    作業効率を上げる為に8時間労働から7時間労働に変更し定時で帰宅できる会社作りをしています。
    問題点があればみんなで話合い一人一人の意見を尊重し改善しております。
    自ら創造・選択・改善が出来る自立型人材の育成を目標とし社内勉強会、研修を受けに行っております。

  • 12

    つくる責任 つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する

    12. つくる責任 つかう責任

    モノづくりにおいて作るだけではなく作った後、ユーザーにどのように永く使っていただけるのかを考え商品を作っています。販売後も弊社で修理受付が出来ることで永く愛用して頂けます。流行に流されない独自のデザイン・すぐに壊れない構造が環境負荷を下げることに繋がります。